広告(Amazon)

2010年12月7日火曜日

DPS485 レビュー

 敬称略。内容についてはレビューの一部になります。


●その1
 レビュアーは上(左)から梅津爆発、YU、ゲスト1号、ウォルフ中村。


・PS3 「うみねこのなく頃に~魔女と推理の輪舞曲~」[アルケミスト] : 90(赤) / 80(赤) / 85(カワチ) / 60

・ミステリーとファンタジーの対立や多層構造の世界観と言った個性的で熱い物語は一読の価値あり!新要素以外は原作をほぼ踏襲していて、サプライズは無いが安心して遊べる(朱志香の歌は変わっていた)音楽や表情パターンは圧倒的だがCGは60枚程度で少なく感じた。演技がイメージに近づいた方がいたのは好印象。キーレスポンスの良さや瞬時にシーンジャンプが可能など読みやすさは原作異常。物語の続きについてゲーム中で説明が無いのは残念(梅)
・殺人事件が人為的な物か魔法によるのかを読み解くミステリAVG。分岐がないのでマルチエンディングが好きな人には物足りないかも。推理が苦手でも最後まで物語を楽しめると思う。バックログやスキップなど基本システムで不便な所はなく、自動送りで読み進めた。アニメと同じ声優陣なので、アニメファンやこれから読みたい人にお勧め(YU)
・本作は全8エピソードの内EP4までが収録されていて、全てを読み終えるには40-50時間かかると思う。クローズドサークルながら新キャラが登場するなどの展開でユーザーを驚かせるので熱中できるはず。原作と同じサウンドを使っていたり、アニメと同じ声優陣なのはファンとしては嬉しいが、どうせなら演出はPS3版ならではの物が見たかった(カワチ)
・選択肢が無い電子小説。操作性はまずまず、オート機能(音声が無い文章の表示時間も設定可)もありバックログでチャプター丸ごと表示が可能(音声再生やジャンプも)、当初は直球のミステリかと思ったらとんでもない変化球だった(赤字は真実というメタフィクションならではの仕掛けも興味深い)。補足エピソードはあるがチャプター4までしか無いのでもやもやばかりが残った(ウ)


・PS3 「Castlevania ~Lords of Shadow~」[KONAMI] : 75 / 80 / 85(テンパ磯辺,赤) / 80

・序盤は盛り上がりに欠けたが、ボス戦が楽しくなる中盤以降はだんだん面白くなった。戦闘より探索重視で、アイテム探しが好きな人はかなり楽しめる。落下判定が理不尽、進む為の仕掛けが分かりにくいなど残念な点も。マップがないのに視点が頻繁に変わり迷いやすい、コマンドが多いのに一覧表示されない、新ステージに行っても体力が回復しないと言う点がもどかしかった(梅)
・下から二番目の難易度で挑戦したがかなり歯ごたえがあった。難易度調整はいつでも可能。ステージのギミックが多くてアクション以外の要素も面白い。が、マップが切り替わると前後が入れ替わる、カメラ視点が固定で敵の位置が把握しにくいと戸惑う点も(YU)
・再構築された世界観はファンとしては戸惑ったが、十分感情移入できたグラフィックと演出は拍手もの。謎解きや移動アクションも楽しいがメインはバトル。爽快さはなかなかの物。回避が重要な作りで難易度は高め。ステージが多くボリュームには文句なし。敵を乗り物にするなどの他の作品で見たようなシーンやシステムが散見されるが、個人的には面白ければok(テンパ磯辺)
・敵を倒すと出るオーブが回復にも攻撃にも使えるのが面白い。つかみ攻撃時は無敵状態になる、妖精のサポートが受けられる、パズルのヒントがあるなども○。操作感もよくカメラ視点もまずまず(壁を背にすると何をしているのか分からなくなるが)。ヒントの出し方は微妙で、本当に欲しい場面に何もなく、何度もやられたり迷ったりした。どこかで見たシステムばかりとも感じたが、上手く消化しているのも確か(ウ)


・PSP 「シャイニング・ハーツ」[セガ] : 75 / 70 / 80(ミスティ派のL) / 60

・ハートを集め、それを使ってパンを焼いたり必殺技を使うアイデアが面白い。200種類以上のパンを焼き最高評価を狙うのは遊びごたえがある。採取だけでなく、乾燥や熟成でも異なる素材が手に入り面白い。が、全体的にテンポの悪さや不便さが目立つのが残念。イラストやキャラは魅力的なので、キャラに惹かれた人は楽しめる(梅)
・RPGだがバトルよりパン作りや素材の収穫という要素が強く、一風変わったRPGという印象。キャラと仲良くするにはパンが重要だが、コツがなかなか掴めず苦戦。パンの作り方のレクチャーなどがゲーム内でもう少し欲しかった。物語を進める為にココロを集める必要があるが、基本モンスター討伐かアイテム納品なので作業的な感じ。全体的にロードが長くテンポが悪く感じた(YU)
・クエストを基本に進行するので、特定のクエストをクリアしたら一日をどう過ごしても良い自由度の高さが◎。色々出来るので自由な生活が満喫できる。戦闘も装備の付加能力を活用すると、普通は全滅するような相手にも勝てたりと意外と奥深い。全体的にややテンポが悪いのは残念だが、いわゆるスローライフ系で自由度が高いゲームが好きな人は楽しめる作品(ミスティ派のL)
・配達、収穫、探検、戦闘、パン作りをマイペースに楽しめる。序盤からワープ機能やマップのショートカット、戦闘時△ボタンでのコマンドリピートも便利。だが気になる点も多い。イベントが怒る場所にマークが出ない、クエスト受注時に手持ちアイテムを確認できない、戦闘結果画面を流せない。パーティキャラに物を届けるのに店まで行くとかイベントで二人パーティになっても仲間を呼び出せるなど変な感じ。単調な所もありバランスが微妙に思う事も(ウ)

追記:ローディングが長いという評価が出ているのはレビュー用のMSDuoの性能に問題があったからだ、とのセガ澤田氏のTweetがあるのでローディング時間については続報をお待ち下さい。

追記2:電撃プレイステーションの最新号紹介にて「お詫びと訂正」として、
電撃PlayStation Vol.485『シャイニング・ハーツ』のレビュー記事において、「全体的に読み込みが長く」という記載がありましたが、これはレビューに使用した “MEMORY STICK PRO DUO”の性能も関係していることが判明いたしました。読者の皆様に誤解を招く表現になってしまったことをお詫び申しあげます。

 との記載がされています。(次の号が出ると書き換わるのでリンクは無し)



●その2
 レビュアーは上(左)からはたーる、とかちや、ゲスト2号、城イドム。


・PS3 「コールオブデューティ ブラックオプス(吹き替え版)」[スクエニ] : 80 / 85 / 85(hororo) / 95(赤)

・キャンペーンは演出が上手く一気にクリアした。全体的に死にやすい気がしたがリトライは早いので苦にはならなかった。ゾンビモードはひと味違う緊張感が味わえるのが良い(は)
・キャンペーンは話に見せられた。小山さん、大塚さん、若本さんなど声優もベテラン揃いで殆ど違和感はない。敵の狙いが正確でプレイヤー優先で狙うので、簡単に死んで何度もやり直す事に。初見殺し的トラップが多いのも気になった(と)
・良くも悪くも普通のFPS。説明無しに戦闘が始まったり、攻略ヒントが仲間の行動でいつの間にか出ていたりと微妙に不親切な点も。オンラインはアバター性が増して個人的には嬉しいが、サーバーが不安定でストレスを感じるのが痛い。吹き替えははまり役の声優さんが多くこれはこれで好き(hororo)
・キャンペーンは戦場の臨場感を精巧に再現し、映像的には史上屈指の作品に昇華している。FPSとしては進行ルートが限定されがちだが、出来は良好そのもの。和訳は自然だし声優の音声も大満足。マルチプレイヤーもよく練られている。特に過去の対人戦映像を見られるシアターは便利機能満載で一見の価値あり(城)


・PS3 「ガンダム無双3」[バンナム] : 85 / 80 / 90(タニシ) / 85(赤)

・見た目の雰囲気は変わったが、プレイ感はほぼ2と一緒。ダッシュキャンセルや誘爆などの新要素も上手く機能している。所持金やMSライセンス、友好度やミッションクリア状況など全キャラで共有できる物が増え、やり込みが楽になったのは嬉しい(スキルやレベルはお金でも買え、友好度はネガティブな物が廃止)。ミッションはさくっとプレイできるが、5分ごとにセーブするか聞かれるのは流石に面倒に感じた。オートセーブとインストールが欲しかった(は)
・登場キャラは多いがレベル上げは簡単なので、物語後半のキャラも使ってみる気になる。MS設計図も入手は楽で改造しての強化も可能。ライセンスがあれば誰でも乗れるので、お気に入りの一体を強化して無駄にならないのが嬉しい。戦闘では誘爆で雑魚を一掃できると爽快。味方CPUが頼りなく、敵の本拠地に突っ込んではやられて戦力ゲージが減っていくのが悲しい。原作の台詞を喋るがちぐはぐに感じる事も(と)
・前作より格段に遊びやすくなっている。ライセンス取得が容易になり、様々な機体とキャラの組み合わせが早期に楽しめる。ミッションも戦略面がぐっと増しているのが○。誘爆システムは想像以上に爽快。派手な攻撃をすると自機がカメラから一瞬外れるのは気になった。遠近感を調節できれば良かった(タニシ)
・物語は相変わらず良好な出来映え。グラフィックが一新され、アニメらしさが出ているのも好印象。アクションとしては従来シリーズと同じく丁寧な仕上がり。操作性は良好でバトルは爽快、強化要素も適度にやり応えがあり◎。新要素のパートナーをはじめ、雑魚敵が適度に攻撃してくる改良も悪くない。が、安定した面白さはあるが突出した魅力に欠け、ガンダムファン以外には物足りないかも(城)




「うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~ 特典 Amazon.co.jpオリジナル「魔女からのレターセット」、真実のペン(赤・青)2本セット付き」(Amazon)
アルケミスト
Playstation3
参考価格: ¥ 8,379
価格(公開日現在) : ¥ 6,672
OFF : ¥ 1,707 (20%)
2010年12月16日発売予定

 

「電撃 PlayStation (プレイステーション) 2010年 12/22号 [雑誌]」(Amazon)
アスキー・メディアワークス
価格(公開日現在) : ¥ 690
2010年12月9日発売予定

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿

広告